システム開発に携わる際に、
役立つプログラミング実践講座です。

普遍的な共通関数をプログラムファイル内に展開します。

共通関数は1つのファイルにまとめて作成し、
それぞれのプログラムファイルからインクルードする
という方法が一般的に取られていると思います。

ここでは、それに比べて様々なメリットがある、
インライン共通関数という手法をご紹介します。
[詳細ページ]

一連の機能を1ファイルで完結します。

Webシステムの動作は、画面入力、処理、結果表示
という一連の動作が基本となります。

これらをそれぞれ別のプログラムファイルとして作成することも可能ですが、
「ワンファイル完結構造」では、1つのプログラムファイルとして実装します。
[詳細ページ]

開発とテストを同時並行的に行います。

一般的な開発・テストの最小単位は単体テストと呼ばれる、
関数、モジュール、プログラムなどの単位を言います。
そして単体テストにおいて最初の本格的なデバッグが行われ、
それをパスすると、納品レベルの進捗率がカウントされます。
スパイラルプログラミングでは、
その最小単位をされにコードレベルに落としていきます。
[詳細ページ]

コーディングルールやテクニック

システム開発の最終成果物はソースコードです。
日本ではコーディングレベルの作業に対して、
あまり重きをおかない風潮も多いですが、
実際には重要な要素を多く含んでいます。(生産性、品質など)
[詳細ページ]